本文へスキップ

ウェブドリームはパソコン導入から、ネットワーク構築・ホームページ作成までITに関わることをサポートします。

〒890-0067 鹿児島市真砂本町20-11

2019年01月31日

PowerCore Fusionの10,000mAhモデルが発売予定

先日簡単レビューをしていたFusion5000の上位モデルが発売されます。
ACアダプタ(充電器)+ モバイルバッテリの2in1はそのままで
Type-CとUSB-Aを各1ポート搭載し、容量は倍の10,000mAhです。
fusion_10000_01.jpg
※上記画像はAnker公式ページより

PowerCore Fusion 5000でも十分に便利ではあるのですが
今回Type-Cポートを搭載したことでさらに利便性がアップすると期待します。

最新のスマホ群の多くがUSB-Cとなり、iPad ProもLightningからUSB-Cへと替わりました。
充電効率の利点を活かしMacBookシリーズもUSB-Cですし、WindowsノートもUSB-C搭載が増えています。

私が使用しているElite x2も充電はUSB-CのためUSB-Cへの期待がとても大きくなっていました。
今まで充電端子がそれぞれの機器で専用だったものが、USB-Cへとシフトしてくれると持ち歩きの充電器が一つで済むようになるメリットがとても大きいと思います。

もちろん充電のメリットだけでなく、様々な周辺機器との接続もUSB-Cでできるためケーブルも多数そろえる必要がなくなってくるという点も見逃せません。

発表されている仕様は
USB-Aが5V=2.4A USB-Cが5V=3Aとなっていて、2ポート合計で15WですがType-Cポートを持っていることでUSB-Cケーブルで充電が可能でかつ、10,000mAhの容量があるっていうのはとても魅力です。
大きさはPowerCore Fusion 5000より一回り大きいようですが充電器とモバイルバッテリを別個に持ち歩くことを考えれば問題なしでしょう。

あと贅沢をいうとType-Cの容量が30Wオーバーとなってくればいう事無なのですが・・・

Anker PowerCore Fusion 10000はAnkerの公式ホームページでは
2019年1月〜3月発売予定
予定販売価格は4,999(税込)
となっていました。発売が待ち遠しいです。
posted by ウェブドリーム at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル

2019年01月30日

充電器+モバイルバッテリー = Anker PowerCore Fusion 5000

2019年2月1日からモバイルバッテリーに「PSEマーク」がついていないと販売できなくなるということで
家電量販店などでのモバイルバッテリーの安売りが・・・という話題でSNSが盛り上がっているようです。
量販店へ足を運んでみるかなどと思いながら
先日購入したAnker PowerCore Fusion5000を手にとり眺めていました。
この製品にはもちろんPSEマークがついております。
fusion5000_img03.jpg
このFusion 5000はモバイルバッテリーに折りたたみのACプラグがあり、5000mAhのモバイルバッテリーとしてだけでなく、充電器として使用できることが最大の特徴です。
fusion5000_img01.jpg
モバイルバッテリーと充電器を別個に持ち歩くよりも1つにまとまった方が便利だと思い入手しました。
パッケージには持ち運び用のポーチとMicroUSBケーブルが同梱されています。
fusion5000_img04.jpg
ただ、私はケーブル長10p程のMicroUSBとLightningケーブルの2本と一緒に持ち運んでいます。
IQに対応したUSBポートが2つ備わっていて最大5V-3Aの出力ができるモバイルバッテリーです。
ポートの下に見えるmicroUSBポートはモバイルバッテリー充電用です。
fusion5000_img02.jpg
ACプラグは折りたたみ式となっていて、コンセントがあれば端末にあったケーブルを持っていれば充電環境が整うという事です。
コンセント→Fusion5000→スマホ端末 と接続した場合にまずは接続されたスマホ端末への充電が優先され、スマホの充電が終わると、Fusion5000の充電が行われるようになっているため、モバイルバッテリーの充電を忘れるなんてこともなくなるかと思います。

スマホ・タブレットの充電切れ対応のために今はいつも出掛ける時にはバッグの中に入れています。
私は黒を購入しましたが白・赤と3色展開で発売されてるようで、色違いで持つのもよいかななどと思っているところです。


posted by ウェブドリーム at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー

2019年01月29日

Office最新製品「Office2019」が発売されました

ワープロ・表計算と言えばOffice
仕事で使うコンピュータソフトウェアと言えばOfficeが主流となります。その最新バージョンのOffice2019が先日発売されました。

それに伴い各メーカーから発売されるパソコンにもOffice2019が搭載されているようです。
Office2019のインストール要件(コンピュータの仕様)としては
CPU1.6GHz メモリ4G HDD4G空き 画面解像度1280x768
OSはWindows10専用になったようです。
新機能も搭載ということで使う機会があれば試してみたいものです。

現在office365 soloをサブスクリプションで契約しているので最新バージョンに更新すれば使えるのでそのタイミングで確認してみたいと思っています。

posted by ウェブドリーム at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | PCソフトウェア

2018年07月29日

携帯アドレスからのお問い合わせ

スマートフォンの使用が当たり前になって、スマホサイトからの問い合わせをいただくことが増えてきました。
お問い合わせページからの問い合わせの際に問合せの内容のコピーを送信ボタンを押下した際にお問い合わせいただいた方への控えが送られるようになっているのですがその控も届かない状況で、またお問い合わせの際に記載いただいたメールアドレスへ送信しても、送信しても届かない状況が発生しています。

携帯・スマホは特に指定していない場合、パソコンからのメールや、迷惑メールと思われるものを受信しない設定になっている場合がほとんどです。

様々なパソコンサイトでの会員登録やメールマガジンの受信、パソコンサイトとのやり取りなどでメールを受信したい場合は、その携帯・スマホ側で受信するための設定を行う必要があります。
よく 〇〇〇@〇〇〇〇.jp からのメールが受信できるよう設定してくださいとあるのはそのためなのですが、その設定が行われないままメールを送ってしまうという事が多くみられるようです。
携帯会社の受信設定について記載されているホームページが以下にありますので、一度ご覧いただければと思います。

ドコモ受信設定
ソフトバンク受信設定
Au受信設定
ワイモバイル受信設定
posted by ウェブドリーム at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | PCサポート

2018年07月20日

マイクロソフト渾身のタブレット「Surface Go」

マイクロソフトが10型のWindowsタブレット「Surface Go」を8月末に発売することを発表しました。

Windowsであることのメリットとして、仕事で必須であるOfficeが付属する点が挙げられると思います。
iPad や Androidのタブレットは手軽で便利だけど、使い慣れたWindowsのソフトウェアが使えないといった部分を考えなくてはなりませんが、この「Surface Go」ならそんな心配もいりません。

『やりたいことが、軽々できる!Surface史上、最も軽く・薄く、様々なシーンで活用できるSurface』というキャッチフレーズがぴったりのタブレットだと思います。

現在は量販店などで予約受付中の様です。
早く実物が見てみたいところです。
posted by ウェブドリーム at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハードウェア


バナースペース

ウェブドリーム

〒890-0067
鹿児島市真砂本町20-11

FAX 099-296-1354
Email info@webdream.jp

PC-タブレット販売ランキング!