本文へスキップ

ウェブドリームはパソコン導入から、ネットワーク構築・ホームページ作成までITに関わることをサポートします。

〒890-0067 鹿児島市真砂本町20-11

2019年04月23日

Anker PowerPort Speed PD60が届きました!電圧と電流チェックできました

先日の記事で購入しますとお伝えしていた、Anker PowerPort Speed 1 PD 60 が届きました。
※2019年4月23日 23:42確認したら、現在在庫切れとなっていました。

※2019年5月11日追記
在庫有となり、購入可能になっていました。

pd60_img01.jpg
シンプルな色使いとAnkerの文字で構成された、安定のAnkerパッケージです。
裏のシールで、品番等がわかりますが、一目でAnker製品だとわかるのは良いですね。

pd60_img02.jpg

箱を開けて、中身を確認。いつものように製品はビニルで包まれて、ガイドとHappy?カード・・・
これもAnkerの定番なので、さくさくと進めていきます。

pd60_img03.jpg

今までにないコンパクト!手のなかサイズ


本体です。第一印象は「コンパクト!小さい!手の中サイズ!」といった感じで、今まで購入した充電器のなかでも小さいです。

pd60_img04.jpg

pd60_img05.jpg
PSEマークはちゃんとついています

pd60_img07.jpg
Type-Cポート1つだけです。

pd60_img06.jpg
折りたたみ式のACプラグ。持ち運び時に小さくなり、使用するときにプラグを起こすタイプで、折りたたみ時のプラグの出っ張り具合が私にはちょうどよい具合です。

ほかの充電器と大きさ比較


単体でながめているだけでは、大きさがわかりにくいので、比較のために先日購入したSWC-PD3260WTと、
AnkerのPowerPort+ 5とを一緒に並べてみるとPD60のコンパクトさが際立ちます。

pd60_img08.jpg
左からPowerPort+5 SWC-PD3260WT PowerPort PD60の順番です。

PowerPort+5はUSB4ポートを持っているから大きさの違いは納得です。PD3260WTと比較すると、同じPD60W規格のアダプタでこの大きさの違いはさすがだと感じます。

pd60_img09.jpg
正面からみた位置で比較しても、コンパクトさが目立ちます。

pd60_img10.jpg

3つのアダプタを重ねると、さらにPD60が小さいということがはっきりします。
pd60_img11.jpg
ちょっと斜めからの比較でも、その差がわかります。

ハイパワー&コンパクト


持った感じがほんとうに小さくて、これで60W対応なのかと思うくらいです。今までの充電器だと30Wクラスのものだと、このくらいの大きさのものがあったはずです。

あとはElite X2ノートに接続して、充電状態の確認です。PD60から電圧・電流系を経由してUSB-Cポートハブへ接続してノート本体への給電状態での簡易測定です。
まずは結果がほしいところなので、測定表示部アップでpd60_img12.jpg
この時は19.0V 2.25Aとなっていました。
ブラウザでネット閲覧や動画再生などちょっと負荷を加えると2.4〜2.6A位の変位を見せます。
落ち着くと1.5A位でしょうか

pd60_img13.jpg
充電しながらの作業には問題なさそうです。

結論:購入してよかった!となります。
簡易測定ではありますが、計算上50Wの出力状態が確認できたことと、なんといってもコンパクトさが一番のメリットです。ケーブルが別途必要ではありますが、持ち運びじに邪魔にならないという事が一番大事ですから。

気になった人はこちらをチェック
Anker PowerPort Speed 1 PD 60
※2019年4月23日 23:42確認時、現在在庫切れ。

※2019年5月11日追記
在庫有となり、購入可能になっていました。
posted by ウェブドリーム at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー

2019年04月01日

USB-C PD 60Wタイプの急速充電器 SWC-PD3260WTを入手できたので、充電確認しました

Type-C充電器について試したいと思っていたところ、SWC-PD3260WTをパソコンショップで購入することができたので、充電性能を試してみました。

入手したのはパソコン工房です。

pd3260wt_07.jpg

pd3260wt_01.jpg

裏面には仕様の記載があり、充電性能を試してみたいPD出力最大60Wです。
サイズは 70.5x69x31mm 重さは178gです

pd3260wt_02.jpg

SWC-PD3260WT外観チェック


外観はイメージ通りです。USB-CポートとUSB-Aが1つずつあり

pd3260wt_03.jpg

プラグは折りたたみ式なので、持ち運び時はフラットになります。

pd3260wt_08.jpg

HP純正の65WUCB-C充電器とAnker PowerPort+3との大きさ比較をしてみると、大きさはほぼ同じ

pd3260wt_04.jpg

厚みもほぼ同じ感じです。プラグが折りたたみであることは3つとも同じなのです。
HP純正の充電器はコードが直に出ている点で、持ち運びの際ケーブルの事を考える必要があります。

pd3260wt_05.jpg

SWC-PD3260WT充電確認


AnkerのPowerPort+3はUSB-Aポートのみなので、充電比較はできないので、HP純正と今回購入したSWC-PD3260WTの充電状況をみてみました。

USB-Cの電圧・電流測定を使って、確認すると
pd3260wt_06.jpg

パソコンはHPの EliteX2 の2in1タイプに接続すると電圧、電流は状況によって変化しますが、19.7V 2.23A 最大で、後は1A〜1.5A位で安定しました。純正のアダプタ接続時も同じような感じです。
SWC-PD3260WTを接続すると、【純正のHPアダプタを接続してください】とメッセージが表示されますが、そのまま問題なく充電できることが確認できました。

posted by ウェブドリーム at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー

2019年03月23日

クッション素材のスマホケースを購入しおさまり具合を実際に試してみました

先日スマホのソフトケースが加水分解したという事で、ソフトタイプのスマホケースを購入することにしました。

ケースは外寸や収納する部分の内寸など仕様が記載されているので、スマホの寸法が収まるかを見れば大丈夫だとは思います。
とはいえ、ケースへのおさまり具合が重要なので、実際に購入しスマホのおさまり具合を試したいと思い、以下の4つのケースをそろえました。4つのうち3つは今回購入し、1つは携帯ゲーム機用についていたものです。

購入したスマホケース3つと比較用PSPケース

左から、SONYのPSPケース(これはPSPを購入した際についていたもの)比較用です。

次は[ポケット付] iPhone XS ・iPhone6/6s/7/8 Plus(5.5インチ)用 スリーブケース(ブラック&グリーン)

3つ目はnew2DSLL用本体収納ポーチ『ソフトポーチnew2DLL (ブラック) 』

一番右はサンワサプライ タブレットスリップインケース PDA-TABS7
それぞれのソフトケースのサイズと内寸の説明をもとに、購入しました。

表記サイズはあくまでも目安なので実際に入れてみないとわからないこともあるだろうと思い、試しで購入した部分もありますが揃ったので実際にケースの上に置いた状態でのサイズ比較と、ケースに収めた感じを試していきます。

LIFEPROOFケースに入れたiPhone8 plusが収まるか検証


今使っているのはiPhone8 plusをLIFEPROOF iPhone 8 Plus / 7 Plusケースに入れて使っています。ケースに入れたことで長さ、幅、厚みともにスマホサイズよりも大きくなっています。

iPhone8 plus+LIFEPROOF ケース

比較のためPSPケースで試す


まずSONYのゲーム機PSP用のソフトケースです。
スマホとケースを重ねると、大きさは良い感じに見えますが、ぎりぎりか?

SONY PSPソフトケース
ケースにスマホを収めようと試みますが、かなり窮屈で押し込む感じでここまで入れて、通常使うのは無理と判断です。

SONY PSPソフトケース

購入した5.5inchスリーブケースを試す


次は購入した5.5inchケース。ポケットもついていて色もケースの挿し色が選べたもので、大きさはちょうどよさそうです。

ポケット付きスリーブケース
大きさと見た目は良かったのですが、やはりケースの分が大きすぎるのか
ポケット付きスリーブケース

窮屈すぎて実用には合わない状態となりました。

任天堂new2DSLL用本体収納ポーチを試す


携帯ゲームのnew2DSLL用のソフトケースは、サイドカバーがついており、ソフトケースからの飛び出し防止もついているという安心機能がついており、サイズ感も良いのではと購入したものです。サイズ比較はこうなりました。

new2DSLL用のソフトケース

先に試した2つよりも一回り縫い代の分が大きい感じでかなりよさそうです。
ソフトケースに収めてみると、このようにスムーズに入り長さもばっちり。

case_review_06.jpg

サンワサプライ スリップインケースPDA-TABS7を試す


ネットで商品の写真を見たときはとても良い大きさだと思ったケースです。寸法をみるとやはり大きいかとは思いましたが購入してみました。大ききさ比較はこの通りです

サンワサプライ スリップインケース

長さはすっぽり収まり、安心なのですがいかんせん幅に余裕がありすぎでした。
ケースに収めると、やはり幅が大きすぎて、出し入れは簡単かもしれませんがケースの向きが悪ければスポッとケースから飛び出してしまうかもしれません。

サンワサプライ スリップインケース

new2DSLL用本体収納ポーチに決定!


今回試したものは4つ。LIFEPROOFのケースに入れていなければもっと選択の幅が広がったことでしょう。

しかし、LIFEPROOFのケースに入れた状態で液晶面をカバーする意味でソフトケースに入れたいということなので、実際に試した結果ソフトケースの作りとスマホを保護するという機能はもちろんですが、おさまり感が一番良かったnew2DSLL用本体収納ポーチ『ソフトポーチnew2DLL (ブラック) 』に決まりです。

色は購入した黒以外にブルーとレッドが選べます。


posted by ウェブドリーム at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー

2019年03月12日

USBケーブルのコネクタ部分の保護していますか?

USB-A mini mini-Bではそこまで気にしていなかったコネクタ部分ですが、充電していないときや持ち運びの際バッグ、収納ケースに入れるときなどどうしていますか?

iPhoneに変えてから特に気にするようになりました。
lightning_cap01.jpg

Lightningケーブルのコネクタ部分の端子がむき出しになっているのです。USB側は金属のカバーの中に端子があるわけですが、Lightning側はこのように端子が見えています。

金色部分は当然電気が通るところですから、ここに金属が触れたりすればショートしてしまいます。

充電しているときは機器に差し込んでいますが、充電が終わりケーブルはUSB充電器に挿したままだとむき出し部分が非常に怖い。
lightning_cap02.jpg

そこでサンワサプライ 紛失防止Lightningコネクタキャップ ライトニング PDA-CAP6を購入して、取り付けました。

カバーだけのものも販売されていますが、外した時になくしてしまうかもと考えサンワのこのタイプにしました。コネクタ部分に取り付けカバー部分とつながっていることで充電の際に外してもなくすリスクが少なくてすみます。

Type-Cタイプも使うようになり、これと同じタイプを探しましたが見つけることができず今はmonofive USB Type-C(オス)、USB A(オス)コネクタ用 保護カバーキャップ 5個+5個入 白(半透明) MF-USBCC3-10Wを購入してカバーを付けています。

type-c_cap03.jpg

type-c_cap01.jpg

ホコリ除けにもなりますし、ショートを防ぐことも考えるとカバーしていた方が安心でしょう。
posted by ウェブドリーム at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー

2019年03月03日

コードの取り回しが気になってACアダプタ直結プラグを試してみました

私が使っているUSB充電器はANKERのPowerport+3とPowerPort+ 5です。

PowerPort+3はプラグが折りたたみ式で、使うときにプラグを起こししてコンセントに差し込めるし、持ち運び時には邪魔にならずに便利です。
Poweport+3

一方PowerPort+5はType-C端子とUSBポート4つと重宝しています。机の上で使う際には眼鏡タイプのコードでつないでいるのですが、持ち運びの際などはこのACコードの長さがどうしても気になります。
Powerport+5
眼鏡タイプの約20cmくらいのコードは持っているのですがコンセントとの相性がいまいちで、何とかしたいと思っていました。

パソコン周辺機器コーナーで、直付けタイプのできる直結プラグを見かけて即購入です。
購入したのはエレコムのPCAD22Vという商品で、眼鏡タイプのACアダプタや充電器に取り付けることで、直付けタイプに変身できます。


これを、PowerPort+5につなぐとこんな感じになります。
powerport5_3.jpg

折りたたみ式のプラグと比べるといまいちな感は否めませんが、コードがなくなってすっきりする点は満足です。
PCバッグに入れて持ち運ぶ際もコードと違い、小物入れの部分にすっきり収納できるのもスマートです。

posted by ウェブドリーム at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー




バナースペース

ウェブドリーム

〒890-0067
鹿児島市真砂本町20-11

FAX 099-296-1354
Email info@webdream.jp

PC-タブレット販売ランキング!